BALLERS COMMENT

全国各地を巻き込んで行われる7月30日(土)の「WIDE VISION」。
この記念すべき一日に対して、出場者達は何を思っているのか?今回はこの3人のコメントをご紹介。

 

 

■MARU (TEAM大阪)

 “当時は大阪や東京のシーンが進んでいた。でも今は違う。”

 

WV2016_maru

 

WIDE VISIONには過去2回出場してるんだけど、沖縄の選手は能力が高いし、独特のリズム感があって、1on1が強いって印象を持ってます。ただ当時は、大阪や東京のストリートシーンが進んでいたから、勝負では負けなかった。でも今は違う。CROSSOVERがあってシーン自体のレベルが上がってるから、そう簡単には勝てないと思ってる。でも負ける気はさらさらないし、大阪から一癖も二癖もあるワーギャーうるさいのを連れて行きます。覚悟しといて下さい(笑)。勝敗だけじゃなくて、“大阪おもろいなー!”って思わせるゲームを見せますよ。
国内海外問わず、色んなイベントに関わってるけど、WIDE VISIONは自分にとって凄く特別なイベント。尊敬する人達が想いを込めて作ってきてくれたものだからね。他県では絶対に体験できない1日。今回も最高だったなって絶対思えるはず。その為にも、しっかり準備して挑みます。

 

 

 

■YOHEI (TEAM福岡)

“この日の会場だけじゃなく、沖縄のストリートに影響を与えたい。”

 

WV2016_yohei

 

今はSNSで沖縄の情報も入って来るけど、実際に会ってコミュニケーションをしたいと思ってたんだ。だから今回は絶好の機会。福岡の選手に沖縄のバスケを知ってもらいたいし、逆に沖縄の皆さんにも県外のバスケシーンを知ってもらえたら嬉しいな。だから積極的に交流したい。
沖縄の選手のレベルが高いのはよく知ってるから、WIDE VISIONでやり合うのは本当に楽しみだよ。それに他の県からも良い選手が来るから、楽なゲームは一切ないと思う。福岡はとにかくアタックあるのみ。ワンプレイにこだわり抜く。外が当たれば優勝は確実だね。まあどこが勝とうと相当面白いイベントになるんじゃないかな。
でもこの日この会場だけの盛り上がりじゃなくて、どこよりも環境的に恵まれている沖縄のストリート自体に影響を与えたい。CROSSOVERに出場している選手もそうじゃない人達も、今以上にストリートコートでガンガン本気のバスケをやってもらいたい。それこそ沖縄独自のローカルルールが生まれるくらい盛り上がって欲しい。今回のWIDE VISIONをそのきっかけにしたいと思ってるんだ。

 

 

 

■BRANDON (CROSSOVER)

“他県の選手達に最大のリスペクト。でも人の庭で好き勝手はさせない。”

 

WV2016_brandon

 

俺はCROSSOVER初代王者として、沖縄のストリートシーンを最前線で盛り上げてる。沖縄はクラブチームも盛んでアツいけど、お客さんを心底興奮させるプレイが生まれるのはやっぱりストリート。お客さんが俺達のプレイに声援を送ってくれて、それに応えてさらにハッスルする。そんな掛け合いが生まれるゲームの1つ1つが、沖縄のストリート全体の盛り上がりに繋がってるんだと思う。
そんな今の沖縄に、今回乗り込んで来てくれる他県の選手達には最大のリスペクトを送りたい。この小さな島のシーンを盛り上げる手助けをしてくれる事が本当に嬉しい。沖縄の人にとっては、色んな地域のスタイルを直に感じれる貴重な1日だしね。心から感謝します。
でも、ゲームになれば話は別。シーンはまだ発展途上でも、スキルのポテンシャルや得点能力は本州に負けてない。沖縄独特のリズムもあるし、1on1でもまず負けないでしょ?人の庭で好き勝手はさせない。俺たちが暴れ倒して、“またこいつらとやりたい、来年リベンジだな”って気持ちで帰ってもらうよ(笑)。