【2019 SEASON FINAL】チーム分けと見どころ

2019年10月25日

highlight2019final

 

2019シーズンFINALのチーム分けと見どころをご紹介!

ファイナリスト4名がそれぞれドラフトで選手を指名し、最終決戦に臨むためのチームが作られた。

 

それぞれのドラマが交錯する最終決戦、5代目王者となるのは果たして誰か!?

 

ドラフトの模様はこちら
https://youtu.be/cPp_h6NYCxM

 

 

 

 

第一試合

Team RED vs Team BLUE

 

red2019final

 

【Team RED】平均身長:182.8cm

・Belly Fam(186cm)

・BRANDON(185cm)

・DANIEL(180cm)

・KIIINCHAN(180cm)

 

 

 

 

blue2019final

 

【Team BLUE】平均身長:182.5cm

・WATARU(173cm)

・SHUJ1(183cm)

・MK10(189cm)

・PANZZO(185cm)

 

 

 

◆第一試合見どころ

第1試合は2位通過WATARU vs 3位通過Belly Famの対戦。

 

今シーズンからCROSSOVERに初参戦して、見事ファイナリストとなったBelly Fam。圧倒的なフィジカルに繊細なテクニックも併せ持つCROSSOVER初のアメリカ人ボーラーは、大方の予想通りFINALへと駒を進めた。

 

ピックしたメンバーは3×3のプロチームであるOKINAWA72でも共にプレイするBRANDON、同じ外国人でコミュニケーションも取りやすいDANIEL、そして沖縄最強のクラブチームCHECK MATEのチームメイトであるKIIINCHAN。いずれもオフェンス力に長けた選手たちで、ドラフトで語ったようにBelly Famは攻撃重視の作戦をとってきた。

 

対するBLUEのWATARUは華麗なゲームコントロールを得意とし、レギュラーシーズンでの優勝は1度のみだが、スタッツポイントなどを着実に積み上げ最終的にはランキング2位で1年ぶり2度目のFINAL進出を決めた。2年前の雪辱を果たすべく選んだメンバーはSHUJ1、MK10、PANZZOの3人。

 

真っ先にピックしたのは得点力があり、チームのムードメーカーとなるSHUJ1。そして1回戦の「Belly Fam対策」としてピックしたサイズのあるMK10。3人目のPANZZOは怪我が完治していないため出場できない可能性が高いが、交代できないことによる体力的な負担よりも、常に同じメンバーでコートに出続けることによってリズムを作りやすい面もある。そしてベンチから試合を俯瞰できる監督としてのPANZZOの力量にも期待がかかる。

 

超攻撃型のメンバーを率いるBelly Famが勢いにまかせてFINALでの初勝利を掴むか、それともCROSSOVERでの経験豊富なWATARUの作戦が功を奏すか、第一試合から見逃せない好ゲームとなりそうだ。

 

 

 

 

 

 

第二試合

Team GREEN vs Team YELLOW

 

green2019final

 

【Team GREEN】平均身長:176cm

・MAGY(191cm)

・TOSHI(172cm)

・KOGACHI(180cm)

・YUTA(161cm)

 

 

 

 

yellow2019final

 

【Team YELLOW】平均身長:176.8cm

・KA-MA-(172cm)

・TEBICHI(182cm)

・MK(173cm)

・RYU(180cm)

 

 

 

◆第二試合見どころ

第2試合は1位通過KA-MA- vs 4位通過MAGYの対戦。

 

2017年に初参戦していきなり3代目王者となり、今年で3年連続のFINAL進出となるMAGY。昨年のFINALでは決勝まで進んだが、あと一歩のところで2連覇を逃してしまった。

 

自らがガンガン点を取るタイプではないが、ゴール下を支配することによってチームを支え、他のメンバーがゲームメイクしやすいようにするのがMAGYスタイル。今回のメンバーTOSHI、KOGACHI、YUTAらもサイズはないがMAGYにとっては相性の良いメンバーだと言えるだろう。特にTOSHIは2年前のFINALでも神がかったシュート力でMAGYをチャンピオンに導いたこともあって、真っ先にTOSHIをピックしたMAGYの期待も大きいはずだ。

 

対するKA-MA-は昨シーズン2位通過でファイナリストとなったが惜しくも初戦敗退。昨年のFINALでは気負いすぎたか本来の力を発揮できなかったKA-MA-だが、今シーズンは最強のチームと積み上げた経験を武器に万全の態勢で最後の戦いへ挑む。

 

今シーズンは大きく成長を見せ最終ランキングトップでのFINAL進出となったKA-MA-。選んだメンバーであるTEBICHI、MK、RYUはいずれも最終ランキング上位に残り、攻守にバランスの取れた理想的なメンバーと言えるだろう。TEBICHIもMKも非常に安定した得点力を持っており、KA-MA-がドラフトで語ったように本人との相性も抜群だ。そして3人目のピックとなったRYUは波があるものの調子に乗った時の爆発力は凄まじく、レギュラーシーズンで3度も優勝しているポテンシャルは伊達じゃない。

 

王座奪還を狙う3代目チャンピオンと、勢いに乗る次世代エースの対決。ぜひ会場でその結末を見届けてほしい。

 

 

 

FINALのチケット情報など詳細はこちら

http://crossover.okinawa/info/9181/