【2018 SEASON FINAL】チーム分けと見どころ

2018年11月16日

highlight_web

 

2018シーズンFINALのチーム分けと見どころをご紹介!

ファイナリスト4名がそれぞれドラフトで選手を指名し、最終決戦に臨むためのチームが作られた。

 

それぞれのドラマが交錯する最終決戦、4代目王者となるのは果たして誰か!?

 

ドラフトの模様はこちら

【2018 SEASON FINAL】CROSSOVER PLAYERS DRAFT

 

 

 

第一試合

Team YELLOW vs Team GREEN

 

YELLOW

 

【Team YELLOW】平均身長:179cm

・MAGY(191cm)

・KEN160(174cm)

・T.A(172cm)

 

 

 

GREEN

 

【Team GREEN】平均身長:175.5cm

・KA-MA-(172cm)

・SHUJ1(183cm)

・WATARU(173cm)

・MIYAGUNI(174cm)

 

 

 

◆第一試合見どころ

今シーズンの最終ランキングで4位となりファイナリストとなるはずだったDがまさかの怪我により出場できなくなり、5位だったMAGYが繰り上げでFINALへの切符を掴むことになった。Dにとっては不運だったがその分MAGYは2連覇を目指して思いっきり暴れてもらいたい。

Team GREENのKA-MA-はCROSSOVER初参戦で最終ランキング2位と、この1年で目覚ましい成長を見せた。シーズン後半に見せた勢いをFINALの舞台でも発揮することができればチャンピオンも十分に狙えるはずだ。

 

Team YELLOWはDが欠場となった分、3人で戦わなければならない。ドラフトでMAGYが真っ先にチョイスしたのは昨シーズンのFINALでも自身を優勝へ導いてくれたKEN160である。そして同じガードタイプのT.Aを選び、昨年と同じような布陣で2連覇に挑む。対するKA-MA-はSHUJ1の燃える闘魂と、WATARUのテクニック、そしてMIYAGUNIのデンジャラスな活躍に期待してチームを編成。高さはないが勢いはありそうな「チームデンジャラス」がどこまで力を発揮できるか注目である。

 

昨シーズン王者のMAGYが前人未到の2連覇を成し遂げるか、それとも若さを武器に新星KA-MA-が勢いで優勝をかっさらうか、第一試合から激戦必至のタフゲームをお見逃しなく。

 

 

 

第二試合

Team RED vs Team BLUE

 

RED

 

【Team RED】平均身長:180.5cm

・BRANDON(185cm)

・MK10(189cm)

・KOTOBUKI(170cm)

・ST(178cm)

 

 

 

BLUE

 

【Team BLUE】平均身長:181.8cm

・TEBICHI(182cm)

・PANZZO(185cm)

・TOSHI(172cm)

・SA_TO(188cm)

 

 

◆第二試合見どころ

Team REDを率いるのは初代チャンピオンであり、唯一の4年連続ファイナリストとなったBRANDON。毎回チームがシャッフルされる個人戦のCROSSOVERにおいて、これほど安定した成績を残すのは驚異的である。

対するTeam BLUEはTEBICHIが3度目のFINAL進出。昨シーズンは今ひとつ調子に乗れずFINALを逃したが、今シーズンは序盤から絶好調、常に上位をキープし初の首位でファイナリストとなった。

 

REDは高さのあるMK10、機動力のあるKOTOBUKI、得点力のあるSTと、王座奪還を目指すBRANDONにとっては心強いバランスの取れたチーム編成、対するBLUEは1位の指名権で獲得した2代目チャンピオンPANZZOに、昨シーズンのFINALで大活躍を見せMAGYを優勝に導いたTOSHI、そして高さで対抗できるSA_TOと、こちらも戦力としては申し分ない。

 

王座奪還を狙う初代チャンピオンの意地か、それとも初年度からCROSSOVERを引っ張ってきたベテランが悲願の初優勝を遂げるか、どちらが勝っても熱いドラマになることは間違いない。

 

 

 

FINALのチケット情報など詳細はこちら

http://crossover.okinawa/info/7071/